かぼすの木

産地紹介


代表者 奥喜一郎
生産者 3名
実施面積 約45a
作付品目 かぼす

 

 「安心院」と書いて「あじむ」と読む、大分県北東部にある町です。盆地特有の寒暖差の激しい地です。

 

 生産者の奥喜一郎さん

MOA自然農法に取り組むきっかけ


 約26、27年前に知人の関係で自然農法に出会いました。

 苦労はあまりありません。自然農法は、自然に任せた方法なので、手が掛からないと感じています。しいていえば、草刈りを年4~5回やっており、それが一番大変です。

びの部分としては、摘み取りの際、実が大きくなっていることが嬉しいです

  

 

 

お客様にメッセージ


一般のものとは、見かけが少し劣っている(例:ガタガタしている、大きさが不揃い)けれども、中身は安心・安全であることをお伝えしたいです。

 オススメの食べ方は、レモンや砂糖と混ぜて“かぼすジュース”にすることです。

 ぜひおためしください。

 

 

次へ⇒